住友ゴムグループの事業について

住友ゴムグループは、「タイヤ」「スポーツ」「産業品」3つの分野で事業を展開し、すべてのステークホルダーに「世界一の価値」を提供し続けるグローバルな企業として、持続的な成長を実現するとともに、社会の持続可能な発展に貢献する企業を目指しています。

タイヤ事業

「DUNLOP(ダンロップ)」「FALKEN(ファルケン)」をメインブランドに、乗用車用、トラック・バス用、モーターサイクル用タイヤを国内外の市場に提供しています。
近年では、「さらに高い環境性能」そして「さらに高い安全性能」を実現する技術開発コンセプト「SMART TYRE COMCEPT」を掲げ、付加価値の高いタイヤを展開しています。

スポーツ事業

「DUNLOP(ダンロップ)」「XXIO(ゼクシオ)」「SRIXON(スリクソン)」「Cleveland Golf(クリーブランドゴルフ)」ブランドのゴルフ・テニス用品を国内外に展開しています。
ゴルフでは、ゼクシオゴルフクラブを2000年に発売。その最高の飛びと打ちやすさ、爽快な打球音が多くのゴルファーから支持され、ゴルフのトップブランドの地位を築いてきました。
また、テニスボールでは、日本企業で初めてテニスの四大大会「全豪オープン」の公式ボールサプライヤーとなりました。
このほかスポーツ用品の製造・販売に限らず、ゴルフトーナメント、フィットネスジムの運営も行っています。

産業品事業

医療用精密ゴム部品やOA機器精密ゴム部品、建物を風揺れや地震から守る制振ダンパー、身近な生活・ヘルスケア用品など、これまで培ってきた独自のゴム技術を活かして、多種多様な製品の開発・販売を行っています。